黒にんにくは、色々な身体の不調を整えてくれるはたらきがありますが、便秘解消効果は大きいです。

 

便秘の原因はさまざまですが、黒にんにくには、腸のぜん動運動を高めるはたらきもある為、便秘解消効果があると考えられます。

 

黒にんにくは、発酵食品であるため、通常のにんにくに比べて5~10倍もの成分が含まれているのです。

 

早めに便秘解消をしないと、命に関わる危険さえあります。

 

宿便がたまっていると、脳出血を引き起こす可能性があるからです。大腸ガンの危険性もあります。

 

便秘は万病のもとで、腸のはたらきが悪くなると、他の機能も低下してしまいます。

 

また、便秘により老廃物が体内に長い間たまっていると、身体の中で毒素に変化し、さまざまな病気を引き起こします。

 

そうならない為にも、黒にんにくを食べて、便秘解消することが大切なのです。

 

黒にんにくのどの成分が便秘解消に効果があるのか説明すると、善玉菌を増やす有用菌や食物繊維が豊富に含まれていることです。

 

有用菌は整腸作用がありますし、食物繊維は便を柔らかくして、水分を含ませるはたらきがあります。

 

黒にんにくに含まれるこの二つの成分の相乗効果によって、便秘解消へと導いてくれます。

 

また、黒にんにくにはコレステロールを減少させたり、血圧を安定させるはたらきもあるので、血行促進効果があります。

 

血行が促進されると、代謝が良くなりますので、便秘解消もできるということです。