黒にんにくには、様々な健康、美容効果がありますが、その中でも、疲労回復に絶大な効果を発揮します。

 

スタミナをつけるには、にんにくを食べるのが良いというのは、ご存じだと思いますが、にんにくを発酵させて熟成した黒にんにくは、その効果が10倍とも言われています。

 

黒にんにく 疲労回復 効果

 

にんにくの歴史は古く、古代エジプトのピラミッドを作った人達は、過酷な労働を乗り切る為に、にんにくを食べていたと言われています。

 

また、体力を消耗する夏には、夏バテ予防として、日本でも古くから食べられていました。

 

私達の体は、疲労がたまると免疫力が低下し、様々な病気を引き起こします。

 

それに加えてストレスがたまると、血行が悪くなり、冷えの原因にもなります。

 

黒にんにくには、血行を促進する作用がある為、これら全ての症状の改善に効果が期待できます。

 

また、抗酸化作用がある為、活性酸素の発生を防ぐ働きもあります。

 

活性酸素は体内で酸化しやすく、あらゆる健康被害を及ぼします。

 

体が疲れている時というのは、修復すべき箇所がたくさんあり、免疫力が追いつかないのです。

 

また疲れている時は、体の機能が正常に働かなくなっているので、体温が低下しています。

 

体温が低下すると、それに比例して免疫力も低下しますので、まさに負のスパイラルです。

 

その為、ウィルスへの抵抗力も落ち、風邪やアレルギー症状などを引き起こしやすくなるのです。

 

黒にんにくには、体を構成する上で必要不可欠な、アミノ酸が豊富に含まれていますので、病気の予防、症状の改善、疲労回復、という様に、全ての過程で効果を発揮してくれます。