黒にんにくは、さまざまな生活習慣病予防に効果がありますが、その中でも、動脈硬化の予防・改善に効果を発揮します。

 

というのも、黒にんにくには、血行を促進して、血液をサラサラにする効果がありますので、血管を丈夫に保つことで、動脈硬化の予防・改善に繋がるということです。

 

黒にんにくは、生にんにくと違って、辛みも臭みもほとんどなく、しかも栄養価は、生にんにくの数倍、あるいは十数倍にものぼりますので、動脈硬化の予防・改善に、絶大な効果を発揮してくれます。

 

黒にんにくは、発酵、熟成させることで、その効果が高くなるのです。

 

多少金額が高いですが、通販で購入することもできますし、自宅にある炊飯ジャーで黒にんにくを作ることもできます。

 

動脈硬化の予防・改善をするには、悪玉コレステロールを減少させることが必要ですが、熟成された黒にんにくは、抗酸化作用が高く、血液をきれいにして、血流をアップさせるはたらきがあります。

 

また黒にんにくに含まれる、Sアリルシステインは、特に攻撃性の強い活性酸素を除去する抗酸化作用に優れていて、深刻な病気の原因を取り除き、DNAが傷つくのを守ることができます。

 

もちろん、動脈硬化の予防・改善にも役立ちます。

 

動脈硬化の予防・改善をするには、血行を促進させることが何よりも大切ですので、黒にんにくを食べて、むくみを改善し、老廃物を排出したら、血流を良くすることで、肥満からも解放されることになるでしょう。

 

黒にんにくは、動脈硬化の予防・改善のみならず、数えきれないほどの病気の予防に役立ちますので、健康を維持する上では、欠かせない食材であると言えます。