40~50代の男性に多く発症すると言われていた痛風ですが、最近では、30代の男性や20代の女性にまで増えているようです。

 

痛風とは、文字どおり「風が吹いただけでも痛い」ほどの激痛を伴う関節炎のことです。

 

血液中の尿酸値が高くなることで発症する痛風は、高血圧などの生活習慣病とも密接な関係があります。

 

痛風の原因は、おもに食生活ですので、食事制限を強いられる前に、黒にんにくで痛風を予防、改善することに努めましょう。

 

痛風は、脂っこい食事やアルコールなどによって、血中のコレステロール値が高くなることが原因です。

 

尿酸の排せつが滞ると、結晶になり、それが血管を刺激して激痛を起こします。

 

にんにくに含まれているアリシンは、加熱するとアホエンという成分に変化します。

 

黒にんにくに含まれているアホエンは、血栓を溶かして、尿酸値を正常に戻すことで、痛風の改善に効果があります。

 

また、黒にんにくに含まれているポリフェノールは、血液をサラサラにする効果がありますので、尿酸の排せつを促して、血栓を予防したり、コレステロール値を正常に保つなどのはたらきをして、痛風の改善や予防をすることができます。

 

痛風の予防には、黒にんにくによる血液をきれいにする効果が必要なのです。

 

黒にんにくをそのまま食べるのも、痛風の改善に効果がありますが、他の有効成分が含まれているサプリメントでも良いのではないでしょうか。

 

例えば「熟成黒にんにく黒酢もろみ」や「三黒の美酢」は、黒酢が入っていますので、酸性に傾いた体質をクエン酸によって、アルカリ性に戻すことができます。

 

また酢は、血液をサラサラにする効果もありますので、痛風の改善には最適です。