黒にんにくは、様々な健康効果が得られるとして、最近人気を集めています。

 

黒にんにくの効果は、美肌やアンチエイジングなどの美容効果から、コレステロールの減少や脂肪燃焼などのダイエット効果、また生活習慣病やガン予防などの健康効果など、幅広いはたらきが特徴です。

 

これだけの効果がある黒にんにくですから、市販のサプリメントなどは、とても高価な金額で売られています。

 

しかし黒にんにくが人気の理由は、自宅で簡単に作れるからです。

 

黒にんにくは、10日から数週間の間、熟成させて発酵させるのですが、炊飯器を使うと簡単に作ることができます。

 

その作り方は、にんにくを皮がついたまま炊飯器に入れて、保温ボタンを押すだけです。

 

このまま10日以上放置します。

 

炊飯器で作る際の注意点としては、炊飯器の炊飯ボタンではなく、保温ボタンを押すということです。

 

黒にんにくは、炊飯器を使って自宅で簡単にできますので、作り方は簡単ですが、作る場所が問題です。

 

10日以上にわたって放置しますので、その間の悪臭がひどいということです。

 

たとえ屋外のベランダに置いたとしても、近隣に迷惑がかかるくらいの悪臭を放ちます。

 

悪臭を放つことと電気代がかかるという理由から、炊飯器で作ることをあきらめて、サプリメントやでき上がった黒にんにくを購入する人もいることでしょう。

 

ちなみに、一度黒にんにくを作った炊飯器は、二度とご飯を炊くために使用できなくなりますので、ご注意ください。