高血圧の発症率はかなり高く、40歳以上の男性で60%、女性で40%となっており、4000万人にものぼると言われています。

 

高血圧の原因は、血管が老化したり、血中コレステロールが増えたりすることで、血流が悪くなり、血圧が高くなることです。

 

黒にんにくには、血圧を下げるはたらきがありますので、高血圧の予防・改善に効果があるのです。

 

通常のにんにくよりも、黒にんにくの方が毛細血管を広げるはたらきがあるので、血流が改善され、高血圧の予防・改善に効果を発揮します。

 

通常ならば、血圧を下げる薬を飲まなければ、なかなか改善することができない高血圧ですが、黒にんにくを1日に2~3粒食べ続けた結果、3ヶ月後には、150だった血圧が130まで下がったという報告もあるほどです。

 

黒にんにくを食べると、体があたたかくなるのを感じますが、これも高血圧の予防・改善に効果があるのでしょう。

 

高血圧の予防・改善につとめると、さまざまな生活習慣病の予防や改善につながります。

 

黒にんにくは、それらのほとんどの症状を改善することができ、さらにスタミナもアップして、活き活きと毎日の生活を送ることができるようになります。

 

また黒にんにくには、ポリフェノールが含まれていますので、抗酸化作用が高く、血管内の活性酸素を除去したり、血行が促進されると血栓を防ぐことができ、高血圧の予防・改善につながるのです。

 

おいしくて、品質も良い黒にんにくで、高血圧の予防・改善をしたいなら、モンドセレクション金賞を8年連続で受賞している、岡崎屋の純黒にんにくがおすすめです。

 

青森県産のにんにくは、最高級品と言われていますので、栄養価も高く、高血圧の予防・改善もするこができます。