血液の流れが悪くなり、ドロドロになると、さまざまな体調の変化をもたらします。

 

冷え性になったり、太りやすくなったり、血圧が高くなったりします。

 

そして、動脈硬化などの命に関わる病気にかかってしまう恐れもありますので、黒にんにくを食べて、早めに血液サラサラに改善しておく必要があります。

 

血液サラサラ効果がある食材として、まず頭に浮かぶのは酢です。

 

特に黒酢が良いと言われていますが、実は黒にんにくにも、血液サラサラ効果があるのです。

 

血液は、酸素や栄養分を体内に運ぶ役割があります。

 

血液サラサラでないと、このはたらきが鈍くなるとともに、老廃物を排出するはたらきまで衰えてしまうので、体じゅうがむくんでしまい、水分がたまってしまいます。

 

また、塩分のとり過ぎや脂っこい食事、喫煙や飲酒などの生活習慣によって、血液サラサラに保つことが妨げられますので、黒にんにくを利用して、見直す必要があります。

 

黒にんにくには、これらの症状を改善して、血液サラサラ効果を発揮するスコルジニンという成分が含まれています。

 

この黒にんにくの成分は、血栓を予防したり、末梢血管の血流を改善したりするので、血液サラサラ効果があります。

 

この他にも、黒にんにくには、アホエンという成分が含まれています。

 

これは、生にんにくに含まれているアリシンが、加熱によって変化した物質のことです。

 

アホエンは、コレステロール値を下げる効果や血液サラサラ効果があります。

 

この様に、にんにくよりも黒にんにくの方が、さまざまな不調を改善するはたらきがあるのです。