にんにくには滋養強壮効果があり、昔から夏バテ解消の食材として食べられてきました。

 

このにんにくを発酵熟成させた黒にんにくは、10倍の栄養と効果があると言われています。

 

夏バテ解消が騒がれている理由は、単なる身体のだるさや食欲の低下にとどまらず、命の危険さえある深刻な熱中症になる可能性があるからです。

 

特に高齢の場合には、症状が深刻化するまで気づかないことが多く、命を落とす危険性があるのです。

 

その予防のためにも、黒にんにくは効果的だと言えます。

 

黒にんにくには、ポリフェノールやアリルシステインという成分が含まれていて、疲労回復や免疫力の向上に効果があるのです。

 

そのため、夏バテ解消にも効果を発揮します。

 

そもそも夏バテによって食欲が低下すると、身体を正常にはたらかせる栄養が不足し、機能が低下してしまいます。

 

そのため、さまざまな不調をきたすのです。

 

黒にんにくなら、たとえ食欲がなくても、1日1粒程度で効果を得られますので、夏バテ解消に適していると言えます。

 

胃腸の調子が悪くなっていることも原因と考えられますので、黒にんにくを食べることで、食欲そのものが戻ってきて、夏バテ解消にとどまらず、すべての身体の不調を整えるはたらきがあります。

 

人間の身体は、酸性に傾くとさまざまな不調を引き起こします。

 

その原因となるのが、活性酸素と呼ばれるものです。

 

抗酸化作用の強い食べ物を食べることで、酸化を防ぎ、病気を予防してくれるのです。

 

黒にんにくをはじめとする発酵食品は、抗酸化作用が強いので、夏バテ解消や病気のもとを取り除いてくれるのです。

 

また、紫外線などのダメージも受けやすい夏は、身体内部の健康を保っていないと、お肌の健康を保つこともできなくなります。

 

これにも免疫力が関わっています。

 

身体の健康や美しさを保つためには、黒にんにくが必要なのです。

 

今年の夏は、黒にんにくを食べて、上手に夏バテ解消をして元気に過ごしましょう。