最近、話題となっている黒にんにくですが、様々な健康効果やアンチエイジング効果を得られる食材として、人気があります。

 

多くの健康効果が得られる理由は、黒にんにくを作る際に発生する、S-アリルシステインという成分が大きな役割を果たしています。

 

黒にんにくに含まれる、S-アリルシステインの健康効果はたくさんありますが、その中でも血行促進と冷え改善の効果があります。

 

黒にんにくは、血液をサラサラにすることで、体内に栄養分や酸素が行き渡り、血行促進効果が得られ、冷え改善の役割を果たします。

 

黒にんにくには、コレステロールを減少させるはたらきがあるので、ドロドロになって流れにくくなった血液の血行促進をして、高血圧や脳卒中などの病気を改善してくれます。

 

また、血行不良により蓄積された脂肪を燃焼しやすくすることで、冷え改善の効果も得られます。

 

血行促進と冷え改善をすると、体の様々な機能が正常に動きだします。

 

例えば、血行促進することで、体のだるさがなくなり、寝起きも良くなります。

 

特に喫煙者の場合には、その効果を感じやすいでしょう。

 

また黒にんにくの冷え改善効果により、基礎代謝がアップして、痩せやすい体質になります。

 

それに加えて、顔の血色が良くなり、肌に弾力とみずみずしさがよみがえってきます。

 

その結果、シミやシワなどの美肌の大敵である症状を改善することができるのです。

 

黒にんにくを食べると、血行促進、冷え改善の効果が得られることで、健康で病気になりにくい体を作ることができるのです。