時代の変化によって、様々な病気が発見されますが、日本人の死因ナンバーワンは、ガンです。

 

「ガンは治らない病気」との認識が強く、”まさか自分が”と思っている分、発症した時のショックは計りしれません。

 

ガンの原因として考えられるのは、免疫力の低下、ジャンクフードや食の欧米化、運動不足や喫煙などの生活習慣の悪化などが挙げられます。

 

これらを改善して、ガン予防をする為には、様々な努力が必要になってきます。

 

それが、ある食材を摂っていれば、それが防げる可能性があるらしいことをご存じですか?

 

黒にんにくは、様々な栄養素を豊富に含むため、足りない栄養素を補い体の調子を整えることに役立ちます。

 

体の中で栄養素がバランスよく整うと、風邪やインフルエンザはもちろん、喘息や花粉症などのアレルギー症状、高血圧や動脈硬化などの生活習慣病など、あらゆる病気から私たちを守ってくれるようです。

 

ガンに関しては、黒にんにくを食べていない人に比べて、毎日食べている人の方が、ガンの発症率が10分の1以上というデータがあるのだというのですから驚きです。

 

ガンにならずに健康な毎日を送るためには

 

ガンにならないようにするためには、強い抗酸化作用のある食品を体内に取り入れて、体の調子を整えることが大切だそうです。

 

抗酸化作用とは、活性酸素が体内で酸化するのを防ぐ働きのことで、もし活性酸素が体内で酸化すると、細胞が正常に機能しなくなり、免疫力が低下するというメカニズムです。

 

免疫力が低下する事によって、様々な病気を引き起こし、ひいてはガンになる確率も高くなるというわけなのですね。

 

抗酸化物質を多く含む食品をバランスよく食べることを心がけていけば、日々健やかに過ごせることでしょう。

 

⇒トップページへ