今話題の黒にんにくが、うつ病に絶大な効果を発揮するということをご存じですか。

 

人はリラックスした状態の時に、脳内物質であるセロトニンが多く分泌されます。

 

セロトニンの分泌量が減ると、幸せと感じる脳のはたらきが悪くなり、うつ病になる恐れがあります。

 

セロトニンの分泌をうながすのは、トリプトファンです。

 

黒にんにくには、このトリプトファンが大量に含まれているのです。

 

普通のにんにくにも、トリプトファンは含まれていますが、発酵と熟成をした黒にんにくには、含まれているトリプトファンの量が多いのです。

 

その為、うつ病に効果があると言われています。

 

黒にんにくに含まれているトリプトファンは、脳をリラックスさせるはたらきがあるセロトニンの生成に大きく関わっています。

 

うつ病の改善の為には、環境や考え方を変えることをする前に、一番てっとり早い黒にんにくを食べるという方法を試してみてはいかがでしょうか。

 

うつ病の症状として挙げられるのは、やる気がおきない、集中できない、落ち込む、イライラするなど、心と脳のメカニズムによるものです。

 

気弱な性格やマイナス思考の人に限らず、誰でもかかる可能性があります。

 

また、ベジタリアンの人に多いとも言われています。

 

なぜなら、野菜は比較的トリプトファンの含有量が少ないことが理由です。

 

黒にんにくは、野菜の中で第4位の量があり、第1位はダントツでえだまめです。

 

もともと黒にんにくは、スタミナアップの食材ですので、うつ病を改善することで、心も体も元気に過ごすことができるでしょう。