34歳女性です。

 

私が黒ニンニクを試してみようと思ったきっかけは、疲労回復のためです。

 

24時間体制の職場で夜勤もあり、30代になった頃から慢性的な疲れがとれず、朝すっきり起きられない日が続いていました。

 

 

自律神経のバランスも乱れていたようで、代謝も悪く、手先足先が冷え、体が重く、なんとかしたいと思い、黒ニンニクを試してみることにしました。

 

ニンニクが健康に良いことはなんとなく知っていましたが、黒ニンニクとなると更に効果がありそうで、名前を聞いただけでも元気になれそうです。

 

私はインターネットで評判の良い、岡崎屋というメーカーの「純黒にんにく」という商品を試してみました。

 

国産にんにくであり、その産地の青森県にある会社とのことで、安心感がありました。

 

まず、心配していた匂いは気にならず、むしろドライフルーツのようないい香りです。

 

実際に食べてみた感想は、ドライプルーンをもっちりさせたような味と食感で、想像以上においしくて驚きました。

 

私は1日一欠片ずつ食べていましたが、どんどん食べたくなってしまう、クセになる味です。

 

私は単純な性格なので、食べた瞬間から元気になった気がしたのですが、実際に翌朝スッキリ起きることができ、早速効果を感じました。

 

食べ始めて3日目、夜勤中の後半でもまだ眠くなく、元気が余っており、自分でも驚きました。

 

血行が良くなり、代謝も上がってきたようで、1週間ほど経つと末端の冷えが気にならなくなり、体の芯からポカポカするようになりました。

 

余談ですが、主人が一気に3かけら食べ、暑い暑いと言っていました。

 

気持ち良くお腹が空いて、気持ち良くごはんが食べれて、基本的な健康を取り戻すことができたように思います。

 

現在は慢性的な疲労が抜けたので、毎日食べ続けるのではなく、疲れが溜まってきたのを感じたら食べるようにしています。

 

一日置きでも効果があり、疲れたときの秘密兵器として活躍してくれています。

 

⇒トップページへ