黒にんにくってご存じですか?

 

果実が黒いにんにくで、にんにくを高温・高湿度の環境で3~4週間程度熟成させて、黒くさせた健康食品です。

 

黒にんにく 

 

国産にんにくといえば、青森県がよく知られていると思いますが、黒ニンニクは、実はもともとは三重県で作られていたものだと知ってビックリΣ(・ω・ノ)ノ!

 

現在は、黒にんにくの産地といえば、青森県となっていますね。

 

黒く熟成させた黒にんにくは、普通のにんにくに比べて、S-アリルシステインという成分が約4倍も多く含まれています。

 

S-アリルシステインの何がすごいかというと、その優れた抗酸化作用によって、老化を防ぎ、がんの予防やコレステロール値の低下、動脈硬化や心疾患予防など、健康によい効果が期待できるということです。

 

もともとにんにくは抗酸化力の強い食品ですが、約1か月間熟成させた黒にんにくは、さらに抗酸化効果が高くなっています。

 

にんにくの効果は古代から知られており、ピラミッド建設に従事する労働者の、体力増強の目的でにんにくが支給されていたといわれています。

 

このことからわかるように疲労回復、滋養強壮に効果のある健康食品で、免疫力も高めてくれます。

 

黒にんにく 効果 疲労回復

 

感染症や循環器の病気のリスクをさげるだけでなく、がん予防に最も効果のある食品であることも知られています。

 

40歳を過ぎるとがんリスクも高まります。

 

見た目も衰えてきますし、体力も低下してきます。このまま年をとっていくのか……と考えると寂しくなってしまいますね。

 

でも年齢に関係なく、年を重ねている人でも健康で若々しく、エネルギッシュな人もたくさん活躍されています。

 

年齢に関係なくいつまでも若々しく健康でいるために、積極的に食べたいのがにんにくです。

 

でもにんにくは、食べた後の匂いが気になりますよね。

 

しかし熟成された黒にんにくには、食べた後の匂いがありません。

 

味も甘みが増して、ドライフルーツと同様の感覚で食べられるのが特徴です。

 

⇒トップページへ