忙しい毎日の中で、つい食事をおろそかにしてしまったり、運動不足と分かっていても運動をしなかったりします。

 
そういった毎日を送っていると、ふとした時に突然頭痛が起こったり、激しい動悸がした場合、脳梗塞や心筋梗塞を心配してしまいますね。

 

最近はテレビでも生活習慣病の予防法が取り上げられますが、それだけ発症する人が増えているということでしょう。

 

黒にんにく 効果 効能 心筋梗塞

 

脳梗塞や心筋梗塞は死に至る可能性のある病気ですし、一度発症すると後遺症や再発に苦しむことになる怖い病気ですから、しっかり予防していきたいですね。

 

その予防効果に優れているのが黒にんにくです。

 

脳梗塞や心筋梗塞はいろいろな要因が重なって発症しますが、中でも一番の原因となるのが血液がドロドロの状態になることです。

 

血液がドロドロになって流れが悪くなると、流れようとする血液と血液の状態が噛み合わなくなってしまい、血管が圧迫されて高血圧が引き起こされます。

 

この状態を放っておくと、血管壁が傷ついてしまい、そこに血液や老廃物が溜まると血栓ができて余計に血流が悪化します。

 

また、血液が血管を圧迫することで柔軟性が失われてしまうので、動脈硬化も引き起こされます。

 

このように血液の流れや血管の状態が悪化すると、血液の流れが止まってしまったり血管が破れてしまって脳梗塞や心筋梗塞が発症するのです。

 

効果として黒にんにくには、血液をサラサラにする優れた作用を持っています。

 

黒にんにく 

 

黒にんにくの効果の研究においては、血圧低下作用や血小板凝集抑制作用、コレステロールの低下作用などが認められていることから、血栓の除去や血行を良くする効果が期待できるのです。

 

血液の流れは目に見えるものではなく、自分でも状態を把握できません。

 

そのため、ある日突然血液の流れの低下によって脳梗塞などが起こるのですが、普段から黒にんにくを摂っておけばその心配も軽減できますね。

 

また一度発症したことがある人でも、血液をさらさらにしておけば再発や悪化を防げるので、脳梗塞や心筋梗塞改善の効果にも、黒にんにくを摂るのがおすすめなのです。

 

黒にんにく 効能 岡崎屋

⇒トップページへ