青森県産のにんにくは有名なので、黒にんにくの産地も青森県という感じがしていましたが、
意外にも、元々の発祥は三重県だそうです。

 

何と、2005年までは青森県で三重県産の黒ニンニクが売られていたそうです。

 

青森県産の黒にんにくは、2006年頃に誕生して、瞬く間に人気の健康食材となりました。

 

元弘前大学医学部教授「佐々木甚一」博士の素晴らしい研究成果が、黒にんにくブームに一役買っているのですが、本当に黒にんにくは、多彩な健康効果があってすごいです。

 

佐々木教授、よくぞ研究してくださいました。

 

黒にんにくをもっと知りたいと思って、いろいろと情報を集めていたら、「黒にんにく協会」なるものを見つけました。

 

黒にんにくを製造・販売している会社が協会員さんなのですね。

 

2015年11月現在、当サイトでもご紹介させていただいている「岡崎屋」さんを含め、約9社の黒にんにく会社が会員登録をされています。

 

”96+229=POWER”とデザインされた、「青森県黒にんにく協会公式Tシャツ」も販売されていますね。

 

黒にんにく 効果 効能 協会

 

盛り上がっていますね。

 

日本中の黒にんにく好きさんたちが買えるように、通信販売もされています。
お値段は、S,M,L,LLサイズ共通で2,500円。(税・送料別)

 

パワー付きそうですが、黒にんにくTシャツ、売れているのかな・・・?

 

黒にんにく協会さんは、他には何をされているのかな・・・?と思ったら、メディアへの取材対応、様々な黒にんにくのご紹介、黒にんにく会社への取材などなど。

 

黒にんにくの進化・発展に一役かっているようです。

 

「青森の黒にんにくのことなら、黒にんにく協会にお任せください」とのことなので、何かと頼りになる黒にんにく協会さんだと思いました。