近頃、黒にんにくが人気のようだけど、何がそんなにいいの?

 

黒にんにくの効果効能を示す断面図
と思われた方、

 

黒にんにくってどんなものか、知らなきゃ損をするかもしれない、黒にんにく効果の秘密情報を覗いてみませんか?

 

黒にんにくは何に良いの?

近ごろ話題の「黒にんにく」。
普通の白いニンニクを黒くしたものでしょ・・・?

 

ちょっと待った!

 

黒にんにくは、結構大変な過程を踏んで黒くなります

 

そして、黒くする(熟成させるのですが)ことによって発揮する効果・効能といったらすごいんです。

 

家族の健康に役立つ黒にんにく。

 

うちでも欠かさず、食べています。

 

黒にんにくの作られ方

黒にんにくは、白にんにく熟成てし、発酵させたら出来上がりです。
ご家庭でも作ることができます。

 

ただ、ご家庭で作るとなると、一定の温度と湿度を保って約1ヶ月間熟成させる・・・

 

この過程において、強烈な臭いの問題が発生します。

 

鼻をつまむ女の子

 

>>>ご家庭で作る、黒にんにくの作り方

 

ご家庭で作る方もいらっしゃいますが、ご購入される方が10倍楽チンです。

 

黒ニンニクの原料、白いニンニクはどうかというと・・・?

ニンニクといえば、老若男女、”スタミナが付く食べ物”ですよね。

 

昔から、元気が無い時はニンニクを食べよう!!と言われて、食生活の中に取り入れられてきました。

 

あの臭いが何とも言えずパワー付きそうですが、イメージのみならず、正真正銘のスタミナ食材です。

 

にんにく入り餃子

 

そして、驚くべきはこちら!

 

フーズピラミッドにみる黒ニンニクの効果効能 

*アメリカ国立ガン研究所(NCI)の研究による

 

このように、がんのリスクを減らす度合いを縦軸にした「デザイナーズフーズピラミッド」の頂点に立つのが、にんにくです。

 

生のニンニクは臭いや胃腸への刺激が強すぎたりする場合、多くを摂取することは困難だったりしますが、ニンニクを熟成させると臭いがなくなり、刺激性も減少して食べやすくなります。

 

黒く熟成発酵させた黒にんにくは、このような白ニンニクの健康作用をさらにサポートし、毎日をイキイキと過ごす助けをする食品として、今とても人気があります。

 

ニンニクを熟成させると、本来存在していなかったS-アリルシステイン(S-allylcysteine, SAC)やS-アリルメルカプトシステイン(S-allyl-mercapto-cysteine)という新しい成分が出現することが知られています。

 

>>>S-アリルシステインについてはこちら

 

にんにくには豊富な栄養素が含まれているから・・・

にんにくには、アリシン、カリウム、カルシウムなどのミネラル類のほか、ビタミンB1やビタミンCなどのビタミン類、ポリフェノールなど多くの栄養素が含まれているので、健康的な生活の実現に役立つというのも納得ですよね。

 

様々な栄養素を取り入れたら、ストレス社会にも立ち向かえそうです。

 

パワーアップするビジネスマン

 

スタミナアップに欠かせない「生にんにく」ですが、残念ながら欠点もあります。

 

それは「あの独特のにおい」と「胃への刺激の強さ」。

 

でも黒にんにくになることで刺激がマイルドになりますから、胃が弱い方にも安心です。

 

さらに黒にんにくになると、にんにくと比べて糖度が増していますから、まるでドライフルーツのような食感なんですよ。

 

ニンニクの臭いの元である成分が黒ニンニクになる過程で別の成分に変化したためほとんど臭いがせず、口臭の問題も大幅に緩和されているのです。

 

その他にも、黒ニンニクは効能に関しても大幅にパワーアップしている点があるのです。

 

それは様々な健康効果で知られているポリフェノールとアミノ酸の含有量です。

 

アスパラギン酸、アルギニン、アラニン、バリンなどのアミノ酸の含有量が増え、生の状態よりさらに効能がアップしていることが期待できると言われています。

 

ポリフェノールの含有量も数倍以上増えており、日々の健康生活を守るのに適した食べ物であることが分かると思います。

 

岡崎屋の黒にんにく 熟成【純黒にんにく】は、黒にんにく業界で最強!

黒にんにくは何社か買ってみてみましたが、青森県に本社を置く岡崎屋さんの『純黒にんにく』が今のところ、最強と思います。


↑ ↑ ↑
岡崎屋さんのシンプルすぎる公式HP

 

何といっても1球のサイズが大きい!そして美味しい。

 

岡崎屋「黒にんにく」1球目

 

黒にんにくは現在、各社から製造・販売されていますが、その成分や内容は、製造方法、温度、製造時間等の違いによりまちまちです。

 

岡崎屋さんの『純黒にんにく』は、他社のものと食べ比べてみて、とにかく美味しい!!の一言です。

 

それには独自の製法に秘密があったのですね。

 

中までしっとりとフルーティなのは、独自の遠赤外線で熟成されているから。

 

みかんのように皮をむくだけで食べられて、まるでドライプルーンのような味わいです。

 

気になる臭いはどうかというと・・・、食後の匂いはほとんど気にならないので、女性でも安心して食べられます。

 

近ごろの黒にんにくブームに乗って大量生産を求めるあまり、短期間で製造する、未成熟な黒にんにくや粗悪な黒にんにくも増えているということです。

 

岡崎屋さんの純黒にんにくは、機能性成分の増加する温度と湿度を守り、じっくりと約40日間も熟成して作られています。

 

熟練の職人が日々温度と湿度を調整しながら一つ一つ手作業で確認しながら製造しています。

 

純黒にんにくは、こんな愛情たっぷりに育てられているのですね。

 

純黒にんにくのお値段は、

12球入り1箱 7,776円(税込み)+送料
*12球入りx 2箱で全国送料・代引き手数料無料

6球入り1箱 4,212円(税込み)+送料

お届け先が一箇所につき、10,500円以上お買い上げで送料無料。

 

岡崎屋の『純黒にんにく』 公式サイトはこちら—>純黒にんにく

 

純黒にんにくは国際味覚審査機構の優秀賞味覚賞、三ツ星金賞を4年連続で受賞しています。

 

岡崎屋 純黒にんにく受賞の証

 

《純黒にんにく》は通常の白いにんにくと比較して《S-アリル-L-システイン16倍》、《アルギニン3倍》、《総ポリフェノール6倍》、《アミノ酸各種2~7倍》に増加する事が分析結果で明らかになっています。

 

うちではリピート買いしています。

美容と健康促進のため、岡崎屋さんの純黒にんにくをリピート買いしています。

 

岡崎屋 「黒にんにく」初回

 

黒にんにくの小袋がオマケとして付いてきました。 このお心遣いが嬉しかったです。

 

それに初めて注文した時は、球の大きさに驚きました。

 

岡崎屋「黒にんにく」1球

 

1球ずつ個別に包装されていて、乾燥剤まで入っています。
黒にんにくさん、大事にされていますね。

 

黒にんにくを食べ始めてからというもの、健康を維持できているのが普通の状態になったからか、次を注文するのをすっかり忘れてしまっていました。

 

でも、次の注文どうですか~?のような、催促は一切ありませんでした。

 

岡崎屋さん、素朴な会社だな・・・と思いました。

 

岡崎屋「黒にんにく」2回目

 

2度目の注文では、オマケとして白ニンニクが入っていました。 青森産の高級白ニンニクですよ!! お料理に使えてうれしい限り!

 

黒ニンニクのガンに関するレポートが入っていました。

 

岡崎屋「黒にんにく」2箱

 

家族でよく食べるので、次の注文は思い切って2箱。

 

オマケとして、黒ニンニクの小袋と何故かお味噌汁い入れる用シジミのパックが入っていました。

 

いつもながらに、うれしいお心遣いです。

 

黒にんにくを食べていると夏でも冬でも元気で過ごせている気がします。

 

冷えも気にならなくなり、何より朝早く起きれてまして、おかげ様で健やか生活を送れています。

 

先日、義理の母が病気で入院、しばらくして退院したのですが、いつも元気な義母があまり元気がない様子でした。

 

そこで退院祝いとして、早く元気になって欲しいな~という気持ちで、岡崎屋さんの純黒にんにくをお贈りしました。

 

にんにく好きの義母ですし、このギフトをとても喜んでくださり、毎日食べてくださいました。

 

お陰様で後日、一緒に旅行に行くことができました。

 

岡崎屋の純黒にんにくは、贈り物としても喜ばれますよ。
この高級感ですから。

 

 岡崎屋の「純黒にんにく」

 

もちろん、日常使いにも。
家族の健康に、黒にんにくをプラスしてみませんか?

 

黒にんにくの詳細ページへ

 

 

もともと豊かな栄養を持つにんにくを発酵熟成させ、さらに栄養効果を高めたのが「黒にんにく」です。

 

特徴的なミラクル発酵

黒にんにくは、一般的な白いにんにくを発酵・熟成して作られた健康食品です。

 

「発酵」というと、酵母菌などの微生物のはたらきでできる納豆やヨーグルトが思い浮かびますが、黒にんにくの発酵方法は少し違います。

 

にんにくが黒っぽく変わるのは「メイラード反応」によるもので、微生物の力を借りているわけではないのです。

 

メイラード反応は、糖とアミノ酸を加熱することで色が黒や茶になり香りが強くなる現象のこと。にんにくには、この材料となる糖とアミノ酸が豊富に含まれています。

 

メイラード反応で発酵・熟成が進むと、もともと白にんにくに含まれている栄養成分の含有量が増加します。

 

ポリフェノールやアミノ酸、S-アリルシステインなどは、いずれも発酵熟成されて黒にんにくになることで増える成分です。健康に及ぼす効果も、そのぶん期待できるでしょう。

 

特に抗酸化作用のあるS-アリルシステインは、生の白にんにくにはほとんど含まれていません。

 

 

黒にんにくの詳細ページへ